2012年03月08日

全国リユース食器フォーラム

P1010659.JPG
日本オラクル株式会社にて全国リユース食器フォーラムが開催されました。<
三井物産環境基金”東日本大震災復興助成”を新たに受け、リユース食器の災害時に供給する体制の構築など、リユース食器の新たな可能性への取り組みも始まっています。
また、スペースふうの現在までの取り組み、年間140万個の貸し出し量は、リユース食器ネットワークの団体のなかで唯一だそうです。
日本オラクルでは、省エネ、ゴミ削減の取り組みの一つとして、コーヒーやお茶用の紙コップをリユースカップに変えたそうです。

P1010614.JPG
P1010642.JPG

A SEED JAPANでは、
1)カップじゃぶじゃぶキャンペーン
イベントの来場者の参加型のリユース食器の取り組み
2)利用料の徴収 
来場者から利用料を徴収する。
3)My食器の推進
イベント会場にMy食器を洗って帰れるブースを設置して、My食器の利用を促進する。などの新たな取り組み行っています。

また、震災時に被災地で食器が不足していたことを知りました。リユース食器は、割れない食器、重なる食器という点で被災地で多いに役に立ったそうです。また、くりこま高原自然学校の佐々木さんのお話で、自然学校の方々は、キャンプがお得意なので被災しても衣食住が確保でき、自立できたといいます。孤立ではなく、自立することが大事。
y=axに式も印象的でした。同じものを与えても行動が違ってくるのは、感じる心、心の係数で変わってくる。という話でした。その通りだなあと思いました。
最後にリユース食器に関わる方々との懇親会では、いろいろな情報交換ができました。確実にリユース食器(循環型社会)は、広がっています。
posted by たけちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54367071
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック