2012年11月11日

鎌倉彫会館まつり

poster.jpg鎌倉彫会館まつりに行ってきました。
食事も提供されると聞いて、食器のことが気になって。。。
さすが、鎌倉彫会館で開催されるだけあって、和菓子とお茶は、鎌倉彫のお盆に茶托で用意されていました。とん汁もおそばもチキンを器に用意されていました。すばらしいですね。
体験コーナーも難しそうな図案の鎌倉彫の体験や革のストラップへ刻印体験、結び紐、水彩画、フエルトなどたくさんの体験コーナーがあり、楽しみことができました。

soba.jpgP1020298.JPG
posted by たけちゃん at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年10月07日

”地球の木”in グローバルフェスタ2012 


tijimi1.jpg
2012年10月6日(土)、7日(日)の2日間、グローバルフェスタが日比谷公園で開催されました。毎年、出店されている”地球の木”さんが游風のしているWA器をちぢみのお皿として利用してくださいました。このお皿は、KIZARAプロジェクトさんプロデュースし住友林業(株)さんが協賛してくださり実現しています。そのお皿をイベントの利用として提案し、回収した後に鎌倉すざくさんのご協力により炭化するところまでとりまとめているのがNPO法人 游風です。この木のお皿の説明をお客様一人一人に説明をして、回収を呼び掛けちぢみの販売をしてくださいました。みなさん、快く受けてくださり、お皿を返却してくださいました。
一方、グローバルフェスタの飲食の容器は、すべて使い捨ててのため、ゴミ回収場にあるゴミは大量でした。分別をしてリサイクルに回すなどの工夫は、されていました。WA器の利用して、地球環境にも良い、フェスタになって欲しいですね。

グローバルごみ.jpgグローバルごみ2.jpg
posted by たけちゃん at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年09月30日

大船to大船渡でWA器使用


さんま.jpg大船to大船渡、秋のさんままつりが開催されました。大船駅を降りて、商店街の一本の道の端から端までを使用しての大規模なおまつりでした。本部のまえのステージでは、いろいろな方が歌ったり踊ったりと披露されていました。台風の影響で天候も心配されましたが、1192匹のさんまも無事に来場者にみなさまにふるまわれ、片付けのときに雨が降り出すくらいの影響でした。
03.jpg<国産材の杉でできたお皿(WA器)は、来場者の方に好評でさんまととてもぴったり合っていました。脂のしみ具合、大きさ、さんまと杉の香りなど。。。
游風の取り扱うWA器は、国産材を使っているため費用が普通の紙皿に比べて高額になります。
そこで、”もくもくはうす”さん、”井上蒲鉾店”さん、”住友林業”さんのご協賛を頂いてイベント主催者のかたに安価でご利用いただけます。
02.jpg01.jpg04.jpg


posted by たけちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年09月12日

terra!terra!terra!

本日、 terra!terra!terra! の主催の方へWA器について説明をしました。
覚園寺にて開催されるワインの会です。
10月14日に開催されることが決定し、第3回目となります。空間も料理もワインもなんだかとても素敵な感じです。
posted by たけちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月16日

登記申請 そして 鎌倉の観光ごみの現状

本日、NPO法人申請の認証書を受け取り、そのまま登記申請をしに行きました。書類の不備がなければ、22日で游風もNPO法人となります。登記というのは、どれだけ判子を押すのかと思いました。きれいに判子をすのは、力仕事ですね。登記申請のあと、海の家に昼食にいきました。その帰りにごみ収集をしているかたにお会いしました。

鎌倉は、駅や海などに公共のごみ箱が設置されていて、鎌倉市のお金でそのゴミの処理をしています。今日、午後3時ころに海の滑川のところのごみを収集している方とすこし話をしました。
ごご3時に回収されたゴミも夜の10時には、山もりになっています。海の家のごみは、事業系ごみとして出されますが、このゴミ箱のごみは、みんなの税金がつかわれるのですねぇ。ゴミ箱をなくしたら、買ったコンビニ、海の家にゴミを持っていってはくれないのだろうか?
そうずれば、海の家もゴミの処分料金が増え、もう少しゴミの削減に意識がいかないだろうか?
P1020059.JPGP1020061.JPG
posted by たけちゃん at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月15日

大船to大船渡 

今日は、昨年に第1回が開催された。大船繋がりで復興支援という趣旨で始まったお祭りです。
10回続けることを視野にいれ、第2回が9月30日に開催されます。今年は、規模を広げて地図のAからBまでの道路を通行止めにして行う予定だそうです。

大きな地図で見る
また、大船渡のさんまを炭火で焼き、ふるまわれる予定だそうです。tryA.jpgその時にゴミの削減を考え游風の新たな取り組みのWA器の利用を考えてくれました。担当のかたは、ごみの削減にとても熱心でほぼ決定いう感じです。さんまの数は、1000匹ほどになりそうです。第2回でゴミの削減の取り組みが成功したら、おまつり全体に広げていきたいとの意気込みでした。是非、そのようにしていただき、他のイベントへの広げていきたいですね!
posted by たけちゃん at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月14日

WA器の納品終了


LOCOBAR
本日、由比ヶ浜の海の家、LOCOBARさんにWA器(国産材の木の器)のわっぱを100個の納品しました。この器は、使うと森を育てるという説明に15円/個だと現在使用している器よりの割高。しかし、採算も大事だが環境も大事と言ってくださり唐揚げをいれる容器として100個の購入を決めてくださいました。
本当にありがとうございます。
使い終わった器を回収して炭にします。


karaage.jpg
henkyaku.jpg


posted by たけちゃん at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月13日

使用後の木の皿を炭化してもらいました。


鎌倉すざくさんのご協力により、使用済みの木のお皿と炭化してもらいました。游風で取り扱いを始めた、国産材の木の食器をゴミにせず、炭化して有効活用しようという考えです。森林の活性化と組み合わせた大きな循環を担うこのお皿をWA器(わき)と名付けました。すべて間伐材というわけでは、ありませんが日本の林業の現状を考えるとどんどん使用することが林業を支えます。人工林へ手入れが入ることになります。伐採した後、植林しても林業従事者がいなくなったしまったら、だれ手入れをするのでしょう。現状の日本の人工林は、戦後の政策でどんどん植林をされたものです。50年後の今がその木を使うときなのですが、国産材の需要はどんどん減り、建材、割り箸などなどほとんどが外国のものなり、放置されています。
この木の皿は、リユース食器と併用でしゅうまいを入れるお皿として使用されました。
手で触ってもこわれることなく、皿の形のまま見事に炭になっています。
kakuzara.jpg
使用後のお皿
kakuzarasumi.jpg
炭化されたお皿
posted by たけちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年06月26日

田植えから4週間

稲.jpg

一枚目、右から4列目手前から3列目くらいの稲の写真、
記録を残せるかな?

田んぼ4.jpg
posted by たけちゃん at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年06月23日

ふうネットサミットに参加しました。


游風は、昨年度からスペースふうを中心とした、ふうネットの会員になっています。毎年、会員間の交流などのためにサミットが開催されています。
リユース食器事業ですが、福祉や就労支援、いろいろなことが関わって活動されている方々がいることが分かりました。社会資源さんも新しく、受注、洗浄担当の方が加わったり、スペースふうさんでもあらたな取り組みがどんどん始まろうとしているようで、励みになります。
環境にかかわって、日に浅い私は、学生時代から環境活動や市民活動の草分けとして活躍なさっていた人とは知らなかったNPO法人地域環境デザイン研究ecotoneの太田航平さんにお会いできたこと、いろいろ気になっていたことが顔を見てお話ができたことなど収穫でした。
サミットの司会をなさっていた長池さんは、とても円滑に進行をなさっていて、こんなことをすんなりできる人がいるのだなあと思ってみていました。
posted by たけちゃん at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記